アクセスディンギーレース実行委員会 



規約

第1章 総則
 
(名称) 
第1条 本委員会は「アクセスディンギーレース実行委員会」と称する。 
(目的) 
第2条 本委員会は、ユニバーサルデザインである「アクセスディンギー」を使ったヨット教室およびヨットレースの開催を通じ、年齢、性別、障害の有無にこだわらず、セーリングスポーツを楽しむことのできる環境づくりと人材育成を進めることを目的とする。
(事業内容) 
第3条 委員会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。     
(1) アクセスディンギーを使ったヨットレースの開催。     
(2) アクセスディンギーを使ったヨット体験・試乗会の実施。     
(3) アクセスディンギー活動のための安全講習会の実施  
(事務局) 
第4条 委員会の事務局は、大阪北港ヨットハーバー内に置く。 

第2章 組織 

(構成) 
第5条 委員会は、第2条の目的に賛同する各種団体および個人等をもって構成する。   

第3章 役員 

(役員) 
第6条 委員会に、次の役員を置く。     

委員長 1名/ 副委員長 1名 /事務局長1名/ 会計1名/ 監査1名 

(役員の選出) 
第7条 委員長は、委員会において選出する。 
2 副委員長、事務局長、会計、監査は、委員長が指名し、委員会において承認をうける。 

(役員の任期) 
第8条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。  欠員の補充または増員による就任の任期は、前任者または既任者の残任期間とする。
 
(役員の任務)  第9条 役員の任務は次のとおりとする。    

 
(1) 委員長は、本委員会を代表し、会務を総括する。     

(2) 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはこれを代行する。     

(3) 事務局長は、会務を円滑に運営するための事務を担当する    

(4) 会計は、本会の経理を処理する。    

(5) 監査は、本会の経理を監査し、委員会に報告する。 

第4章 会議 
(会議)  第12条 委員会の会議は、委員会議とする。委員長の要請により協力委員を入れる。   
(召集)  第13条 委員会議は委員長が召集する。 

第5章 会計  (経費)  第14条 委員会の経費は、参加費、寄付金、その他の収入をもってあてる。 

(会計年度)  第15条 委員会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。 

第6章 雑則  第16条 この規約の定めによるほか、必要な事項は委員会において協議し、別に定める。     

なお、平成 13年度に選出された役員の任期は平成15年 3月 31 日までとする。    

 付則 この規約は平成 14 年 1月 1日より実施する。 


備考

アクセスディンギー レース実行委員会

委員長 NPO法人セーラビリティジャパン 代表 西井伸嘉 03−3481−9788
副委員長 大阪北港ヨットクラブ 会長 寺尾俊明
事務長 セーラビリティ大阪 会長 藤本増夫
会計 NPO法人セーラビリティジャパン 理事 合田耕作
会計監査 大阪市港湾局振興課 課長 出雲弘紀
委員 大阪市アミティ舞洲 館長 滝口和夫
委員 大阪市アミティ舞洲 総務課長 児島芳郎
委員 大阪市港湾局振興課 主査 中井貞幸
委員 大阪市港湾局振興課 野崎
委員 大阪市港湾局施設保全事務所 主幹 北川治雄
委員 大阪市健康福祉局福祉本部 企画係長 若林崇弘
委員 大阪港振興協会 次長兼振興課長 中路康行
委員 大阪北港ヨットハーバー ハーバーマスター 奥田忠道
委員 ブルーシー&グリーンランド財団 普及課長 坂倉一寿
順不同