アクセスブルーバード アクセスデンギー・マニュアル




安全指針



責任

安全に対す責任は、活動に参加している全員の責任で、果たさなくてはならない重要な義務です。


スタッフ、インストラクター、介護する人、そしてボランティア−の全ての人達は、彼ら自身と、他の参加者の安全に影響を及ぼす、全ての出来事に用心深く、常に気を配らなくてはなりません。

安全に関する全ての出来事や状況、其れにどの人物でも安全に影響あると思えた時、監督者に報告しなければならない.

特に自然と共に過ごす事は、同じ事をやるにしても自然環境の変化は、危険の度合いを、すっかり変えてしまいます。

安全への気配りと冒険に挑戦する事

安全に対する気配りは、雑な事やムチャな行為から、当然予想される怪我や危険を避ける責任に基づくものである。危険の可能性を取り除き、楽しい冒険を出来る様にしなくては成らない。

冒険への挑戦では、自然の状態、環境についての危険の度合いは、個人の能力によって決まります.

個人が危険に挑戦しようと言う時、ボランティアの貴方に危険である様に思えても、各個人は自分の能力については貴方よりも正確に知っているから選択しているといえます。
ボランティアの貴方は挑戦する人の、決断を尊重しなくてはなりませんが、その安全をどの様に確保しているのか、によります。
(例えばレスキューボート、セーリングする場所の問題)
但し、セーラーの中には、その判断が出来ない人もいる事を知っておくべきである.

特別な生理的、心理的要求を持つ人々.
このような特別な要求を持つ人達を助けたい時に、一番重要な事は、その人とどれほど会話、コミュニケーションを果たせるのかと言う事です。
又、参加している人に、自分たちの安全はもとより、他の人達の安全に常に関心を、持つように進めることも肝心なことです。

寒さや暑さと疲労から来る危険に、気が着かない人達や、生理的あるいは心理的要求の有る人達、全てに対して常に注意を払うべきだ.
セーラーも中には暑さや寒さを感じない人や、その感覚が何を意味しているのか理解できない人も居る。同様に自分のスタミナを、正しく判断できない人も居る.この点にも気を配らなくては成らない.

大抵の場合、アクセスディンギーへの乗り降り、あるいは、ボートのところに行くまでの安全の確保が、忘れ勝ちになります。特に乗り降りの時のリフトの確保などは、マリーナに期待しなくてはなりません。そのような設備のない場合、ボランティアの働きによりそれを補う必要が出て来ます。

健康と安全の確保

健康と安全の確保は、セイラビリティのメンバーとボランティア全員の責任です.
日ごろから、全員がセイラビリティの安全マニュアルを良く読んで話し合い、安全の確保に全員で努めなくてはなりません。.

目的

1. セイラビリティの行事をする時、そこで安全と健康を確保するため。
2. 救急本部の整備、実行、維持を実現するための、手順や方針を確立するため.
3. 全ての参加者にセイラビリティの救急体制を示すため.
原則
1. セイラビリティの行事をする時、全てのボランティアと参加者は、救急本部を持つ必要がある.
2. 健康と安全は参加者全員で、確保しなくてはならない.
3. 安全と健康が確保されて始めてセイラビリティの活動が上手く行っているといえる.
4. 救急本部の設置は、安全と効率をより高める.


ボランティアは割り当てられた課題に対して、適当な訓練をして備える必要がある.

課題に取りかかる前に、次の質問をしてみると良い。
* この課題をするのに、自分自身にとって、またセーラーにとって、安全はどうだろうか?
* この課題をするのに、他にもっと安全な方法は、無いのだろうか?
* この課題をするのに、手伝いが必要ではないのか?



アクセスデンギーを儀装する方法




マストの取りつけ
1. 最初にリーフロープ〈縮帆綱〉の結び目が左の前に来る様にする.
2. ボートの真中に有るコンソールの下のノブを緩めてください.
3. 注意深く床に有るマスト受けに、マストを差し込んでください.
4. マストのリーフドラムが、作動する様にしっかりとノブを締めて、ロックしてください.

ブームの取りつけ
1. 2本のロープを、絡まない様に解いてください.
2. ボートを風に向けてください.
3. ブームの一番前に有るオール受けを、マストのボビンに押し込んではめて下さい.
4. ブームに沿っているアウトホウル〈白と青〉の綱を、セールの端の穴〈クリュー〉にシャックルでとめてください.
5. アウトホウルを引いてセイルをブームの端まで出します.ブームの真中にある有る、すべり止めでとめてください.。
6. 次にメインシート〈赤と白〉をとりだしてください。船尾にあるトラベラーにシャックルで、通してください.。
7. メインシートの別の端は、プラスッチクの輪を通り、前方の滑車を通して、コンソールの上の滑車に持ってきます.。其れで貴方は座席から、メインシートを調節できます.
8. コンソール上の最後の滑車を通すと、シートが抜けない様に、エイトノットで、端止めをしておきます.。

リーフ:帆を小さくする事

1. セールを小さくするには左の綱を引いてください.
2. 右の綱を引けばセールを広げる事が出来ます.。
3. 決して同時に両方を引かないでください.
4. アウトホウルの調節なしでリーフを一回は出来ます。
5. それ以上のリーフをしたい場合は、アウトホウルを解けば、出来るようになります.。
6. 逆に、セールを出したい時は、アウトホウルを引く必要があります.。
7. セールをブームにそって、ピンとなるように引けば良いと言う物でありません。常に適度なカーブを持つようにクリューを引く様にしてください.。
8. リーフを調節する必要の無い時は、コンソールの横にある、すべり止めで止めておいてください.。




1. ステアリングの綱が、正しくジョイスティックの下を通っているか確かめてください.。
2. 船尾のトラベラーの綱が、舵柄の上を取っているか確かめてください.。
3. クリップをはずして、舵柄の端の穴に、白いプラスチックの足を等して、再びクリップを通してください.
4. 舵柄は金属の穴にステンの棒を通して止めてください.
5. 最後にジョイスティックに、延長棒を着けてください.(乗り降りで、邪魔になるときは外して、乗船が終わってから着けてください.)。

進水

1. 船首のもやい綱は、マストに、舫結びをして、船首の金属の輪を通して再びマストに舫結びを、します。
2. 岸の近くで、ボートを動かす場合は、センターボードを途中まで揚げて、短い方の細いパイプを、センターボードの横にあいている穴に通して、ピン止めしてください.。
3. 浅い海岸近くでボートを移動する時、センターボードを半分の深さにピン止めしてください.
4. センターボードを全部沈めないで帆走する事は、禁止してください。さもないと、転覆してしまいます.
5. ボートが使われる時センターボードが常に、沈めておくために、センターボード上部のパイプに長いほうの金属のパイプを通して、ロックしておいてください.
6. ハーネスあるいはシートベルトをする時は、必ずセンターボードをロックしてください。

1安全指針

2アクセスデンギーを儀装する方法



太陽光線対策


戸外で活動する時、太陽光線の対策が必要です。。

適当な衣服

肌へのUV光線対策で最も良いのは、適切な服装を着る事です.

襟付きのシャツの方が適当です。叉長袖も対策として、考えてください。
せめて肘までの長さが在れば良いでしょう.

生地の重さではなく、織りの密度が、重要になります.
生地の簡単な見分け方は、その服を持ち上げて、光にかざしてみれば判ります.光の通しにくい方が、光線から肌を守ってくれるでしょう.

濃い色の服は、明るい色よりも、熱を吸収しやすいので.暑い時は、どちらかと言うと快適ではないでしょう。

帽子

帽子は、セイラビリティの制服の一部と言えます.帽子の種類で、太陽光線からの保護のレベルが、違います.
l 野球帽:耳、首の後ろ、頬に対して、殆ど保護に成りません.
l ツバ広帽子:顔、耳、首の後ろ部分を、守ります.ツバの下側は、暗い色が良いでしょう。UVの反射を防ぐためです.
l 外人部隊帽子:耳と首は守りますが、顔のほとんどの部分が残ります.
特に、頬の部分は光線に、晒されております。前のツバは、最低6cmは、必要です.後ろのフラップは一枚の方が良い.

サングラス

子供を含む全てのセーラーに、何時もサングラスをかけている様に、進めましょう.UV光線対策に、サングラスの費用をかけるべきです.

日焼け止め
太陽光線は.肌に悪い影響をもたらす事がありますから、日焼け止めを、用意します
l +15SPFを選ぶ事.
l 広い周波数のラベルのあるもの。
l 防水である事。
日焼け止めの使用方法
l 日焼け止めは製品ラベルの指示に従ってください.
l 戸外に出る少なくとも15分前にたっぷりと塗っておく事.
l 乾いた清潔な肌に塗る事.
l くり返し使う事.

日よけ

十分広い日よけ(テント)が、用意されている時でもUV光線は近くの水面、コンクリート、草から反射してくる物です.

太陽光線に長い間肌が晒されていると、光線と熱が皮膚ガンを引き起こす危険があります。
同時に光線に弱い体質の人も居ます.したがって、参加者は、太陽光線からできるだけ、避難しなくては成りません.
もし日よけが無ければ、自然の日よけ〈木陰等〉を、最大限に利用しましょう.
その時セイラビリティ理事会は、次の対策を考えるべきです.
l 簡易日よけテントを用意するか.日よけのかさを用意する.
l 恒久的な建造物の日よけは、費用も高くつきますので地方政府の融資を申し込めば良いでしょう.〈これはオーストラリアでの事です〉
ださい.
1安全指針

2アクセスデンギーを儀装する方法